2014 年 3 月 30 日 のアーカイブ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-01 Mark
哲学でRestart! 「アラン」

もしも将来に不安を抱いたら、
フランスの哲学者アランの言葉を
思い出してください。

 恐怖は危険にのみ癒される

本当に悲しいときは、泣いてる暇がない。
後で泣いても、もう取り返しがつかない。
病気になった人はもう病気になる心配がなく、
人は生きてる自分についてしか考えられない。

幸福は気持ちの問題であり、
悲しむなんてムダだと言うのだ。

残酷なのではない。
それは必死で悲しみと闘うための知恵。
彼は言う。天気の悪い日こそ笑え、と。

いけないのは考えるだけで何もしないこと。
せっかくの、春。
新しい自分を探しに出かけてみませんか。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-02 Dave Bledsoe
哲学でRestart! 「レヴィナス」

もしも人付き合いに悩んだら、
フランスの哲学者レヴィナスの言葉を
思い出してください。

 他人がいるから自分もいる

ナチスの捕虜として番号で管理された体験から、
彼は人間の個性を人一倍大切にした。

他人のいない世界は、
皆同じ意見をもつ全体主義の世界。
自分と違う誰かが存在する。
そこに価値があると彼は説いた。

さあ、春。思い切って、
あの人をお花見に誘ってみませんか。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-03 Mark
哲学でRestart! 「ヘーゲル」

何をやってもうまくいかないと感じたら、
ドイツの哲学者ヘーゲルの言葉を
思い出してください。

 理想こそ現実であり、
 現実こそ理想である。


あらゆる問題は見方を変えれば解決できる。
そう考えた彼は、

 弁証法

を編み出した。
問題が起きたら嘆くのではなく取り入れる。
むしろ好都合だとさえ考える。

さあ、春。
時の早さを嘆くか、暖かな日差しを楽しむか。
幸せの鍵はあなたが握っています。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-04 やっぴー
哲学でRestart! 「サルトル」

ルールに縛られて息苦しいと感じたら、
フランスの哲学者サルトルの言葉を
思い出してください。

 人間は「自由の刑」に処せられている

彼は人間の本質はその人の中にあるのではなく、
これから何をするかで決まると考えた。

選択こそ、人生。
何をしてもいいと言われると、
何をすればいいかわからなくなるように。
本当の自由とは制約の中にあるのかもしれません。

「何食べたい?」って聞かれたら
「なんでもいい」とは答えない。
そんな春を始めませんか。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-05 ひでわく
哲学でRestart! 「プラトン」

もしも愛が醒めてしまったら、
古代ギリシャの哲学者プラトンの言葉を
思い出してください。

 離れるから、求め合う

昔々、あるところに
アンドロギュノスという怪物がいました。
それは顔が二つ、手足が四本ずつのすごいやつ。
悪さばかりしていたら神様の怒りをかって、
ある日まっ二つにされてしまいました。
そうして出来上がったのが、顔が一つ、
手足が二本ずつの二人の人間。

二人は元の体に戻りたくて
互いを求め合うようになったそうです。
これが愛し合う男女のはじまり。

二人の求めあう姿をプラトンは

 エロス

と名付けた。

春は出会いの季節。
消えかけた愛に火をつけるなら、
新しい出会いが有効かもしれません。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-06
哲学でRestart! 「キルケゴール」

もしも絶望してしまったら、
デンマークの哲学者キルケゴールの言葉を
思い出してください。

 絶望は死に至る病である

彼は絶望を三つに分類した。
一つ目は、お金や愛や名誉など、
欲しいものが手に入らない絶望。
二つ目は、自分自身が抱える劣等感への絶望。
そして最悪なのが三つ目の、無意識の絶望。

絶望を感じる人にはまだ救いがある。
本当に絶望している人は
自分が絶望してることさえ気づかない。

そんな鈍感な人を彼は、

 無邪気な人

と呼んだ。

隣の芝生は見た目ほど青くない。
何も悩みなんて無さそうな人に限って、
誰より深い悩みを抱えているのかもしれません。

さあ、春。幸せはきっと
あなたの芝生で芽吹いています。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-07 akemi
哲学でRestart! 「ニーチェ」

もしも人生の目的を見失ったら、
ドイツの哲学者ニーチェの言葉を
思い出してください。

 神は死んだ

神は誰も救わないし、人生に意味なんてない。
生きている、そのことをただ楽しもう。
宗教に頼らなくても人は強くなれる。
彼はそう言いたかったのだ。

散るからこそ、桜は美しい。
きっとニーチェも賛成してくれるはず。


topへ

佐藤理人 14年3月30日放送

140330-08 KYR
哲学でRestart! 「デリダ」

もしも難しい選択を迫られたら、
フランスの哲学者デリダの言葉を
思い出してください。

 脱構築

真実か嘘か。正義か悪か。自分か他人か。
すべての価値感は対立する二つの概念でできている。
でも本当にそうだろうか、と彼は考えた。
過去の自分だって他人と言えるのではないか。

脱構築とは問題の構造に疑問を提示して、
問題そのものを無力化してしまうこと。

どちらも「正解」。そう思えば選ぶのは容易い。
花を愛でる人も、団子を楽しむ人も、
お花見においてはどちらも正解であるように。


topへ


login