大友美有紀 14年4月6日放送

140406-04
「長新太」生理的にここちよい

絵本作家、長新太の「アブアアとアブブブ」という本。
アブの兄弟が、巻いてある紙をパッと誰かの顔の前にたらす。
アブたちはこれをやると気持ちがスーッとする。

 生理的に心地よいということが、
 なににおいてもいちばん大切じゃないか
 という気持ちが、ぼくは非常に強いわけよ。
 それによって、いろいろなことがことが
 決まるんじゃないかと思うんです。


色彩やフォルムも、意識してつくり出すというよりは、
川の流れみたいに自然にそうなってくる、
ひとりでにそうなってくるものこそ大事にしたいと考えていた。

ちなみに、アブアアがおとうとで、アブブブがおにいさん。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login