大友美有紀 14年4月6日放送

140406-05 izamu
「長新太」アニミズム

ナンセンスの絵本作家、長新太。
ある講演会で、生まれ変わったら何になりたいか、という質問に、
イカやタコが好きだから、イカやタコになりたいね、と答えた。
それは冗談でなく、本気に近い気持ち。
幼い子が「大きくなったら新幹線になりたい」という気持ちと同じようなもの。
長新太の発想は、自然界のすべてのものに霊魂や精霊が宿るという
「アニミズム」のようなものだ。

 大げさにいうと、机も椅子もコップにしてもフォークにしても
 すべて命があるという感覚があって、
 別に人間だけがいきてるんじゃない、という感じが
 ぼくは非常に強いです。


人間の内蔵だって自分でコントロールできない。
みんなそれぞれ生きていて、自我意識があると思っている。
彼の本には、お尻だけ「ポコリ」とはずれて外出してしまったり、
心臓がとんでってテレビ局に行ってしまったり、
下半身だけが先に歩き出してしまうお話もある。

長新太を本当に理解できるのは、子どもだけかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login