佐藤延夫 14年10月4日放送

141004-01 mhaithaca
作家たちの隠れ家/マーク・トウェイン

アメリカ、ニューヨーク州の南部、
エルマイラという小さな街。
その中心部から3キロほど離れた、
丘のてっぺんにたたずむ八角堂が
小説家、マーク・トウェインの書斎だった。
ここで「トム・ソーヤの冒険」をはじめ、数々の名作が生まれた。

石炭のストーブがあり、
大きな窓が6つ、小さい窓がひとつ。
そして幅の広いドア。
朝の10時から、ランチをとらず午後5時まで籠もり、
天気がいいと、丘の頂上に立って夕焼けを眺めたそうだ。

マーク・トウェインは、その光景をこんな言葉で喩えた。
「日没の最後の奇跡」。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login