礒部建多 14年11月16日放送

141116-02
名コンビの和解

許して、受け入れる。
今日は国際寛容デー。

マイケルジャクソンの黄金期を支えた、
敏腕プロデューサーでありアーティストの、
クインシー・ジョーンズ。

音楽業界に数々の金字塔を打ち立て、
「最も売れたアルバム」としてギネスにも載った。
そんな名コンビも音楽性の違いから、決別することになる。

マイケルから突如言い渡された解雇通告。
それ以降、2人が共演することはなかった。
2009年、マイケルとクインシーは
電話で話し、お互いを許し合う。
クインシーは、マイケルの公演に行くと約束した。

しかし、マイケルの突然の死。
親友を失ったクインシーはひどく悲しみ、
当時のインタビューにこう応えた。

 もし決別した人がいるなら、その人を許すべきだ。
 許さなければ、それは毒になり、
 あなたをさいなみ、離れなくなる。





タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA