森由里佳 15年6月21日放送

150621-05 Christopher Combe Photography
太陽⑤ ひかりに酔う

宮沢賢治は“共感覚”の持ち主だという研究がある。
文字に色を感じたり、現象に味を感じたりする人だというのだ。
 
彼が感じていた世界を味わうには、彼の作品を読むことだ。
たとえば「チュウリップの幻術」。
 
 あの花の盃の中からぎらぎら光ってすきとおる蒸気が
 丁度水へ砂糖を溶かしたときのように
 ユラユラユラユラ空へ昇って行くでしょう。
 (中略)
 そして、そら、光が湧いているでしょう。
 おお、湧きあがる、湧きあがる、
 花の盃をあふれてひろがり
 湧きあがりひろがりひろがり
 もう青ぞらも光の波なみで一ぱいです。
 (中略)
 湧きます、湧きます。ふう、チュウリップの光の酒。
 どうです。チュウリップの光の酒。

 
花からあふれるその酒はきっと、
太陽の味がしたにちがいない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA