山田英理人 15年8月9日放送

150809-07
金栗四三

昭和42年、
マラソンランナー金栗四三(かなぐりしそう)のもとに
一通の手紙が届いた。

 第5回ストックホルムオリンピック日本代表、金栗四三選手。
 あなたはスタート後一切の報告がありません。
 ぜひ、ゴールすることを要請します。


レース中に意識を失くした日本人を
委員会はリタイアと見なさなかったのだ。
金栗はゴールし、大会の全日程が終了した。

 タイムは、54年と8ヶ月 6日と5時間 32分20秒3だった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login