熊埜御堂由香 16年3月27日放送

160327-02 kikoya0919
桜のはなし 宇野千代と淡墨桜

日本三大桜にも数えられ、散りぎわに、
淡い墨色に花びらをそめる岐阜県の根尾谷の淡墨桜。
樹齢1500年ともいわれるこの桜は、
何度も根を継ぎながら花を咲かせてきた。
ところが、台風で太い枝が折れてしまい、
もう枯れるのを待つしかない、となった時
その命を救ったのは作家の宇野千代だった。

資金援助を募り、この淡墨桜を小説でもとりあげ一躍有名にした。
ひたむきに桜を救った宇野千代が残した言葉がある。

 しあわせって、桜のようなものよ。
 ああ、今年も桜に会えた。ただそれだけのことなのに、
 ほっとしてしあわせな気分になるでしょう。
 私はいつか花咲婆さんになって、
 しあわせの種を籠いっぱいに入れて、ぱっぱっとまきたい。

宇野千代の残した老木の桜は、
今年も満開の花で人々にしあわせを運んでくる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login