茂木彩海 16年5月29日放送

160424-05 Kristina Kuncevich
ペットのはなし 車椅子犬ウィリー

ペットとの出会いは皆様々だが、
テボラ・ターナーとウィリーの出会いは運命的だ。

チワワのウィリーがどのように生まれ、
育ったのかは誰にもわからない。ロサンゼルスの街なかに、背骨と、
声を出せないように声帯を傷つけられた状態で捨てられていた。

歩けない犬などいらないと、保護シェルターで
見向きもされなかったウィリーだったが、
ペットショップを経営していたテボラに引き取られることになる。

そこでウィリーが手に入れたものは、動物用の車椅子。
念願の足を手に入れた瞬間の様子を、テボラはこう振り返る。

 ウィリーはベルトを締めるや否や、
 まるで飛行機のように飛び出し、走り出しました。
 その瞬間、ウィリーは世界一幸せな犬だったのです。


22歳で天国へ旅立ったウィリー。
飼う、飼われるという関係を超えた幸せな絆が、ここにはある。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login