熊埜御堂由香 16年6月26日放送

160626-03 kbysmnr
童謡のはなし 野口雨情と詩のモデル

童謡界3大詩人といわれた、作詞家の野口雨情。
彼が手がけた、「赤い靴」は、
詩作のモデルになった実在の少女が
作者が亡くなったあとに、新聞の投書から見つかり話題を呼んだ。

そして雨情の代表作である「しゃぼん玉」も
彼自身の、生後1週間で亡くなった
長女への想いを歌っているという説があり、
たしかに、そういわれると、そう聞こえてくる歌詞でもある。

 シャボン玉 飛んだ
 屋根まで飛んだ

 屋根まで飛んで
 こはれて消えた

 生まれてすぐに
 こはれて消えた。


しかし雨情の息子の野口存彌(のぐちのぶや)さんは
長女が亡くなった時期と歌の発表の時期を照らし合わせて、
その説を否定している。

真相はもう亡くなっている本人にしかかわらないのだが、
生前、雨情はこんな言葉を残している。

 詩というものは、それを書いた人の名前は忘れられ、
 その詩だけが残ったとき、
 初めてほんとうのものになる。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login