Vision > 小林慎一 > 小林組・原央海 > 原央海 17年7月16日放送

原央海 17年7月16日放送

170716-01
スポーツ ラグビーボール篇

2020年が近づき、人々のスポーツ熱が高まるこの頃。
そういえば、「スポーツ」といえばこんな話が…

 ラグビーボールが楕円形なのは、
 ブタの膀胱が始まり。


1800年代、ラグビーのボールは非常に重く、
あまり弾むこともなく、不評の嵐。

そこで、とある靴屋の店主ウィリアム・ギルバードが、
ブタの膀胱をチューブにして膨らませたところ、
なんと、とても軽くよく飛ぶボールができあがったのだ。

ブタの膀胱が細長く、
どうしても楕円形になってしまうことも功を奏した。
どう跳ねるか予想のつかない動きが、試合のスリルを自然と増してくれる。
そうした結果、ラグビーボールは今も楕円形のまま。
もちろん、諸説ありますが。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ


login