Vision > 小林慎一 > 小林組・原央海 > 原央海 17年7月16日放送

原央海 17年7月16日放送

170716-05
スポーツ フルマラソン篇

2020年が近づき、人々のスポーツ熱が高まるこの頃。
そういえば、「スポーツ」といえばこんな話が…

 フルマラソンで
 ゴールインまでにもっとも時間がかかった記録は
 54年8ヶ月6日5時間32分20秒3。


なんと、この記録を残したのは日本人。
金栗四三(かなぐりしぞう)さんだ。

金栗さんは、1912年、
ストックホルムで開催されたオリンピックに出場。
しかしレースの途中、日射病でやむなく棄権…
のはずが、棄権の意思が大会本部に伝わっておらず、
記録は「途中で失踪」となっていた。

時を越え、54年後にその事実を発見したストックホルム市は
彼に完走を呼びかけた。

ゴールインのときは、こんなアナウンスが流れたそうだ。

 日本の金栗、ただいまゴールイン。
 タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、
 これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の
 全日程を終了します。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ


login