佐藤延夫 18年8月4日放送

180804-05
花火のこと 歴史

日本で最初に花火を見たのは、
徳川家康、または伊達政宗、という2つの説がある。

三代将軍、徳川家光も花火を好んだが、
そのブームは庶民にまで広がり、火事が多発する。
家光は5回にわたり、花火禁止令を出す羽目になった。

両国の花火が始まったのは、八代将軍、吉宗のころだ。
大飢饉とコレラの流行で亡くなった人々を弔う水神祭が、
その始まりとされている。

多くの人が夢中になれる花火だが、
夜空を見上げる一瞬、悲しいことを忘れられるのも、花火だ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login