松岡康 18年10月14日放送

181014-05
江戸の大物プロデューサー

広重、北斎、歌麿、写楽。
浮世絵師と聞けば、著名な天才絵師が何人も思い浮かぶ。

この誰もが知る浮世絵師たちの陰に、
江戸時代の敏腕プロデューサーがついていたということは
あまり知られていない。

蔦屋重三郎。
浮世絵や本を出版する版元をしていた彼は、
時代をいち早く察知し、発信することに長けていた。

歌麿や写楽、葛飾北斎など、
才能あふれる新人を発掘しては、流行作家に育て上げていった。

彼のプロデュースによって、江戸の文化、
世界の絵画は大きく進化した。

重三郎なくして、今の美術界はあり得ない。
プロデュースも立派な才能なのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login