佐藤理人 19年3月23日放送

John Cummings
過去への探検  メガゾストロドン

2億年前に哺乳類が存在した事実は、
約50年前までわからなかった。

1966年、南アフリカ博物館の研究員アイオーン・ラドナーが、
恐竜の化石を発掘中に小さな白い塊を見つけた。
拡大鏡でよく見てみると、歯がついていることがわかった。

それから数ヶ月。
かつて見たことのない小動物の全身の骨が、
細心の注意のもとに掘り出された。

体長10cm、しっぽ4cm。
トガリネズミに似たその生物は、

 メガゾストロドン

と名付けられた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login