佐藤理人 19年3月23日放送


過去への探検  ジャイアントモア

1936年、ニュージーランドの田舎道で、
荷車を引いていた一頭の馬が倒れてこの世を去った。

馬の持ち主のジョーゼフ・ボグデンという農夫が、
亡骸を埋めるために穴を掘ると、
約800羽もの巨大な鳥の骨が見つかった。

古生物学者が調べたところ、
16世紀に絶滅した

 ジャイアントモア

の骨だとわかった。

身長4m、体重250kg。
史上最大の鳥類でありながら、
翼がなく飛べなかった悲劇の鳥。

骨は古い泥に埋まっていた。
もしもモアが飛べたら、今も生きていたのだろうか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login