熊埜御堂由香 09年9月6日放送

元祖スイーツ男子

あの人の食 元祖スイーツ男子


スィーツ男子が流行だという。
スイーツ男子というのは甘党の男性だ。
甘いもの好きと、自然に言いやすい世の中になったのだろう。

けれども、甘党の真打ちは明治の昔にいる。
お汁粉を食べ過ぎて胃潰瘍を悪化させ
大量の血を吐いてもビスケットを食べたがり
臨終の床でもアイスクリームをせがんだ夏目漱石先生だ。

それでも自分では甘党だと思っていなかったので
こんなことをぬけぬけとおっしゃっている。

 あれば食うという位で、わざわざ買って食いたいというほどではない

甘党もここまでくると、ハードボイルドで男らしい。

topへ

薄景子 09年9月6日放送

秋山豊寛

あの人の食 秋山豊寛


「これ本番ですか?」
世界初の宇宙飛行ジャーナリスト、秋山豊寛が、
衛星から発した第一声は有名である。

彼が地上400kmから見た
青い地球は、まさに「命の塊」だった。

そんな秋山が、宇宙の次に選んだ旅先は、農業。
現在、福島県で米や椎茸などの有機農業を実践している。

彼は言う。
 「人間が生物であることと、
 いちばん身近にある仕事が、農業だ」

命の塊であるこの星の、命をつなぐ食べ物をつくる。
農業ブームとは一線を画す、生きものとしての営みに
ジャーナリストの探求の旅は、果てしなく続く。



佐藤初女

あの人の食 佐藤初女


佐藤初女さんのおむすびを食べて、
自殺をとどまった青年がいる、という。
その理由は、「おむすびがタオルにくるんであったから」

彼女は、おむすびをにぎると、
ラップではお米が呼吸できないので
赤ちゃんをおくるみで包むように、
タオルでそっとくるんでおく。

そうして、「食」という命と
向き合っている。

標高400メートル、
岩木山の麓にひっそり佇む「森のイスキア」。
初女さんが「みんなのお家」と呼ぶここには、
声もしおれ、水さえのどを通らない人が、
心の重荷を下ろしにやってくる。

夜中にチャイムが鳴るときも
初女さんは身支度をして玄関にでる。
開けていいのか、一瞬の葛藤。
意を決して開ける扉は、彼女の心の扉なのだ。

受け入れられた旅人は、
やがて、ぽつりぽつりと言葉を発し、
初女さんのおむすびを食べ、
気づけば、自分で重荷を下ろして帰っていく。

佐藤初女、87歳。何をやっている人かときけば、
「食べることを大切にしています」


topへ

石橋涼子 09年9月6日放送

向田邦子

あの人の食 向田邦子


向田邦子は、
ドラマ「寺内貫太郎一家」で
ささやかだけれど
確かなぬくもりのある
昭和の家族の生活を描いた。

朝食のシーンのト書きには、
毎回献立が書かれていた。

アジの干物に大根おろし、
豆腐と茗荷の味噌汁、
などなど

ある日、向田はメニューの最後にこう書いた。

ゆうべのカレーの残り

そこには、ドラマのワンシーンではなく、
昨日も今日も、明日も続く、
寺内家の生活が確かに描かれていた。



ロッシーニ

あの人の食 ロッシーニ


食いしん坊という存在は、
なんだか愛らしい。
食い意地が張っている、
というのとはちょっと違う。

「食べる」という行為を
心から愛し、無邪気に楽しんでいるから
ではないだろうか。

ロッシーニは本物の食いしん坊だった。
オペラ作曲家として人気も実力も絶頂の37歳で
「食」に専念する、という理由で
引退してしまったのだから。

大好きな料理を楽しむためにレストランをつくり、
大好きなトリュフを探すために豚を育て、
大好きなワインを楽しむためにレシピを考えた。

彼の音楽的才能を惜しんだワーグナーが熱心に説得しても
ロッシーニはラム肉の焼き加減を気にしてばかり。

そんな彼が心から涙を流したのは、生涯で二回だけだという。

一度目は、パガニーニの演奏を聴いたとき。
二度目は、トリュフがたっぷり詰まった七面鳥を
落としてしまったとき。

食に向かうとき、その人がどんな人間かがよく見える。



トーマス・エジソン

あの人の食 トーマス・エジソン


発明家トーマス・エジソンといえば、
電球を発明したこと。
よりも、

発電から送電までの
電気事業を整備したこと。
が、評価されている。

そんな天才エジソンがある日言い出した。

一日二食では健康に良くない。
一日三食にするべきだ。

こうして、アメリカ国民は健康のために
朝食を食べるようになった。

エジソンが発明したトースターで焼いた
こんがりキツネ色のトーストを。

モノをつくるだけでは売れないことを
彼は知っていた。
同時にマーケットもつくらないと。
エジソンは、本当の発明家だった。

topへ

熊埜御堂由香 09年9月6日放送

森鴎外

あの人の食 森鴎外の秘密


家庭の中だけの、ちょっとマニアックな食の嗜好、
ひとつやふたつ、ひとにはあるものだ。

硬派な文豪、森鴎外の場合は・・・
ご飯に饅頭を割って載せ、煎茶をかける、饅頭茶漬け。

饅頭茶漬けは門外不出の家庭の秘密だったけれど
鴎外が死んだ後、
娘が書いたエッセイで世に知れわたってしまった。

お汁粉のようでおいしい、と娘は書いているが
天国の鴎外先生はどんな顔をしているだろう。



幸田文

あの人の食 父と娘の台所


幸田文(あや)は自分を「台所育ち」だと言った。

幼いころに母をなくし、
父、幸田露伴が家事全般を躾けた。

その台所仕事の手始めは、
文が7歳の頃から毎日の献立を記録する「だいどころ帖」
文が「とうふのおみよつけ」と、たどたどしく書けば、
露伴は、「味噌汁 つかみどうふ もみのり散らして」と
一言一句、きびしく直す。

露伴は文に言った。
 この帳面から音が聞こえてくるようにならなくちゃね

女学校に入って台所をあずかるようになった文は、
献立に迷うと、かつてつけていた「だいどころ帖」を何度も思い返した。

父の死後、文は食を題材にした小説やエッセイを数多く残したが
そのひとつにこんな短編がある。「台所のおと」

topへ

佐藤延夫 09年9月5日放送

1

幾何学の時間/エウクレイデス


幾何学。
この言葉を聞くだけで
うんざりする人が、どれだけいることだろう。


幾何学の“幾何”というのは、
図形の性質を調べ、証明すること。


たとえば、
ひとつの円に内接する正五角形を作図し、
それが正五角形である理由を証明する。
なんとも難しい話だ。


幾何学は、人類の歴史そのものであり、
古代エジプトの哲学者エウクレイデスまで遡ることができる。


もう一度、勉強してみようかな。
学生たちの二学期は、もう始まっていますね。







1

国語の時間/新美南吉



これは、私が小さいときに、村の茂平というおじいさんにきいたお話です。


こんな出だしで始まる物語は、
国語の時間に習った「ごんぎつね」。


作者は、新美南吉。
4歳のときに母親が亡くなり、
8歳で養子に出され、
その1年後、寂しさに耐えられず、実家に戻っている。


童話「ごんぎつね」を書いたのは、18歳のとき。
物語に出てくる兵十(ひょうじゅう)のモデルは、実在する人物。
ひとりぼっちで、いたずら好きな、ごんぎつねのモデルは、
あるいは、南吉本人なのかもしれない。


あのときの国語の教科書は、
まだ、机の中にあるだろうか。



2Antoine_lavoisier


化学の時間/ラヴォアジエ


化学の実験には、お金がかかる。
それは今も昔も同じこと。


18世紀、フランスの化学者ラヴォアジエは
税金取り立ての暴力組織、徴税請負人の一員となり
実験資金を稼いだ。


そして発見したのが、質量保存の法則。
物質どうしが化学反応をする前後において、
その質量は変わらない、というもの。


ラヴォアジエは、フランス革命後、ギロチンで処刑されるが、
その間際、親しい人にこんな宣言をした。

 僕の首が切れても、可能な限り、まばたきをしてみせる

その実験への執念には、頭が下がる。



3

音楽の時間/グリーングリーン


ある日、パパとふたりで語りあったさ


明るいメロディで始まるこの曲は、
音楽の教科書の定番。
合唱コンクールで歌った人も多いのでは。


教科書に載っているのは、たいてい3番まで。
5番でパパが亡くなってしまうことは
あまり知られていない。


この歌を作曲したのは、
アメリカのシンガーソングライター、
バリー・マクガイア。


彼の曲には、そもそもパパなんて登場しない、ということも
あまり知られていない。



100

植物学の時間/牧野富太郎と寿衛子


生まれながらに好きだった。


日本にある植物のうち、
およそ1000種類の名前を付けた植物学者、牧野富太郎。
だが研究に没頭するあまり、家計は破綻した。


文句ひとつ言わず夫を支えたのが、妻の寿衛子。
借金取りが来ると家の前に赤い旗を掲げ、
富太郎に、今帰ってくるなと知らせた。


昭和二年、寿衛子が病に伏しているとき、
富太郎は、新種の笹を発見する。
それを、スエコザサと名付けた。
妻への深い感謝を込めて。


翌年、寿衛子は、亡くなった。
富太郎は、墓碑の周りにスエコザサを植え、
こんな句を刻んでいる。



 家守りし 妻の恵みや わが学び


生まれながらに好きだったもの。
生きながら、好きだったもの。



2847625873_1760dc000c

算数の時間/ガウス


算数の問題です。
1から100まで全部足すと、合計でいくつになるでしょう。


この答えを瞬時に導き出したのは、
ドイツの数学者、カール・フリードリッヒ・ガウス。
わずか9歳のときのエピソードだ。


最小二乗法、
正十七角形の作図法、
整数論の確率など、
のちに彼は、近代数学に影響を及ぼす
さまざまな発見をする。


さらに24歳で小惑星を発見。
60歳でロシア語に挑戦。
晩年には心霊術にも手を出したという。


努力する天才ほど、強いものはない。

1から100までの合計、わかりましたか?
正解は、5050です。



4

費やす時間/学者たち


日ごろの努力が実を結ぶまで、いったいどれほどの時間が必要だろう。


それは学者たちの功績を見ればわかりそうだ。

数学の難問、
フェルマー予想を証明してみせたアンドリュー・ワイルズは
七年間、研究室に籠った。


キュリー夫妻が、ラジウムの抽出に成功するまで、八年。

メンデルは、ダーウィンの進化論を証明するために
エンドウ豆を225回も交配し、およそ1万3千もの種類を調べ上げた。
費やした時間は、八年。


桃栗三年、柿八年。
あながち、この言葉は間違っていない。


二、三年で諦めるなんて、気が早すぎる。




topへ

坂本和加

sakamoto_waka

大好きなモーターサイクルで
行ってみたいところがある、っていうのと
書いてみたいことがある、っていうのは
同じなんですね。最近気づきました。

書くことで行けるところへは、
たどり着くのが難儀です。

topへ

名雪祐平 09年8月30日放送

やなせたかし

やなせたかし


ぼくの顔をたべてごらんよ。

そんな型破りなヒーロー、
アンパンマンは、
なぜ生まれたか。

作者やなせたかしが、
戦争体験によって、
こう思い知らされたから。

 正義はある日突然逆転する。
 正義は信じたがい。

 究極の正義とは、
 ひもじい人を救うことだと。


さて、きょう、衆議院選挙。

アンパンマンに、一票。
もちろん、立候補していないのだが。



090830-jiipan

ジーパン刑事


35年前のきょう。
一人の刑事が、
ちんぴらにピストルで撃たれ殉職した。

刑事のあだ名は、ジーパン。

ドラマ『太陽にほえろ』のジーパン、
つまり松田優作はずっと考えていた。

早くこの役を殺してくれ。

役柄も、人間関係にも、
完全に嫌気がさしていたから。

そうやって、ジーパンは殺されたけれど。

鬼気迫る演技のおかげで、
鮮烈な名シーンになってしまった。

ジーパンは亡霊のように
人々の残像のなかで
生きつづけている。



ゴーギャン

ゴーギャン


この地上に、楽園はあるだろうか。

画家ポール・ゴーギャンは、
タヒチに移り住む。

けれど、やがて貧しさと病気に絶望。
死を決意する。

遺書代わりに描いた作品のタイトルは。

 われわれはどこからきたのか
 われわれはなにものか
 われわれはどこへいくのか

 D’où venons-nous ?
 Que sommes-nous ?
 Où allons-nous ?


楽園を求めて、求めて、
ゴーギャンがたどりついたのは、
シリアスな精神世界だったのだ。


topへ

渋谷三紀 09年8月29日放送

中川李枝子

ぐりとぐらと中川李枝子


おとなが思うより、こどもはおとなの策略に敏感。
教育にいいとか、教訓になるとか、
そんなことには
ぷいっとよそを向いてしまう。


だから、
「ママ、なにか読んで」といわれたとき
こんな絵本はいかがでしょう。



 ぼくらのなまえは ぐりとぐら
 このよで いちばん すきなのは
 おりょうりすること たべること


二匹のねずみが主人公。
40年以上も愛されつづける絵本「ぐりとぐら」。
作者の中川李枝子さんはいいます。



 本で何かを教えようなんてしてはいけないと、私は思うの。
 楽しめれば、それでいいのよ。


そうか、だから子供と仲良しなんですね。









笑福亭鶴瓶


アイツは、いい人じゃなくて、
いい人だと思われたい人なんだよ。


そう言ったのはタモリ。
アイツとは、ご存じ、笑福亭鶴瓶である。
本人みずからこんなことを言う。


 子供が「ツルベ!」って言ってくれるのは、
 「ツルベ!」って言ってもらおうと思ってやってることなの。
 だから自然じゃないよね。
 だけど、そうやってることが三十八年続くと、もう自然なの。
 だからよう言うの。
 俺、ホンマにどんな性格かもわからんようになってもうたって。


芸歴38年。いい人でいることも、鶴瓶の芸のひとつ。



ナンシー関

ナンシー関


オリンピックがはじまる前に
「感動をありがとう」っていう
番組編成しちゃうのがすごいよ。


消しゴム版画家にしてテレビ評論家、ナンシー関。

テレビの向こうに、ぼんやりと感じる違和感。
そのあいまいなものの正体を、
4センチ角の消しゴムと、原稿用紙のマス目の中に、
ナンシーは刻みつけた。


見えるものしか見ない。
しかし目を皿のようにして見る。そして見破る。


そんな目が私にも欲しい。



花森安治

花森安治(はなもりやすじ)


ある家庭のみそ汁の作り方を改めさせるほうが、
内閣の一つ二つを倒すより難しい。


それは花森安治の口ぐせだった。
もっと暮しを大切にとの思いを込めて
戦後まもなく創刊された
雑誌「暮しの手帳」の編集長。


実は花森、戦時中は国の標語の
開発にかかわっていた。
「ほしがりません、勝つまでは」
という有名な標語も花森がつくった。


でも、ある日のこと。
「贅沢は敵だ」と書かれたポスターに
一文字の落書きが見つかる。



「贅沢は素敵だ」


犯人は花森だという噂が流れた。
ほんとうだとしたら、なんて素敵。


誰より言葉のちからを信じた、
誰より言葉のちからを恐れた、
反骨とユーモアのひと、花森安治らしい。




topへ

宮田知明 09年8月29日放送

1

大塚保治(おおつかやすじ) 


関東大震災の火の手が迫ってきたとき
その人は大切にしてきた友人からの手紙を、
一枚一枚、焼き始めた。


夏目漱石が自分だけに打ち明けた悩みや相談の手紙が
万一他人の目に触れることがあってはいけない。


手紙を焼いた人の名前は、大塚保治。
漱石よりふたつ年下だったけれど
漱石より4年早くヨーロッパに留学し
漱石より3年早く東大の教授になっていた。


焼かれた手紙には、若き日の夏目漱石の、
恋の悩みが綴られていたと言われているが
それを人目にさらさない誠実さを信じて
漱石も悩みを打ち明けたのだろう。


大塚保治が大学で教えていたのは美学。
彼の人生もひとつの美学で貫かれていました。





三島由紀夫の言葉


 おじさんはもうすぐ死ぬけれど…


と、三島由紀夫が10歳の少女に語ったのは
その死の前の年の夏だったそうだ。



 おじさんはもうすぐ死ぬけれど…
 そんなおじさんが責任をもってあなたに読むことを勧められるのは
 辞書だけです。


三島は大学で文学ではなく法律を学んだ。
法律を学ぶには法律の用語を完全に理解しなければならなかった。
これを文学にあてはめるとこういうことになる。


文章を理解するためには
まず言葉を理解しなければならない。
文章を書くためには
言葉の意味を他人に説明できるまで理解する必要がある。


子供はどんな本を読めばいいですか、という
女の子の質問に
文学の心構えをやさしい言葉で語ったこのエピソードは
いかにも完璧主義の三島由紀夫らしい。


辞書を読むことをすすめられた女の子は
やがて作家になった。
神津カンナという名前だった。




topへ

門田組・渋谷三紀

渋谷三紀

言葉と取っ組みあう仕事は、

苦しくて、楽しくて。

チャームポイントは足音。

食べ物をあたえるといい顔します。



topへ


login