佐藤延夫 09年8月8日放送




将棋指し。BOSTON。宇宙。1/村山聖(さとし)


一日中、好きな本を読んでいたい。
一日中、ギターをかき鳴らしたい。
一日中、テレビゲームをしていたい。


たまにそんなことを思うけど
「これから毎日ずっとだよ」
なんて言われたら、素直に頷けるだろうか。


少年は、重い病で入院しているときに、将棋と出会った。
狭いベッドに横たわる自分の背中に、翼が生えたような気分だった。



 一日中、将棋をしていたい。


村山聖、6歳。
プロの世界へ羽ばたいていく、ほんの8年前のこと。










将棋指し。BOSTON。宇宙。2/村山聖


村山聖、8歳。
入院中に書いた、ある日の日記。



 今日もしょうぎのれんしゅうを六、七時間しました。
 朝から夕がたまでです。
 そしてまだ、のこっているので夜、やろうと思います。
 あと二もんです。だから時間はあと一時間です。


次の日も、その次の日も、
将棋のことしか書かれていなかった。


日記によると、
なぜか天気は、いつも晴れ。
気温は、いつも22度。


病気は、来る日も来る日も彼の体にのしかかってきたけど、
きっと、心は穏やかだったんだろう。






将棋指し。BOSTON。宇宙。3/村山聖


ネフローゼという厄介な病気は、
顔や体を赤ん坊のように、むくませる。
不意に高熱が出て、
体調が悪いと一歩も動けなくなる。


村山聖は、そんな病を抱えたまま
ただ将棋を指していた。


小学6年生のとき、
広島のデパートで行われたイベントで
プロの棋士と対戦。
飛車落ちのハンデだけで
いともたやすく勝ってしまう。


青白い顔で打ち込む指し手はみな鋭く、
本当に青ざめたのは、大人たちのほうだった。






将棋指し。BOSTON。宇宙。4/村山聖


タイムリミット。
時間がない。
それは締め切りだったり、
電車の時刻だったり。


私たちが時間に追い立てられるのは
せいぜい、今日か明日か明後日か。


将棋の世界は、時間に厳しい。
プロの棋士を養成する奨励会に入ると、
25歳までに四段への昇級を義務づけられる。
村山聖は、病気と闘いながら、17歳でそのノルマを果たした。


それでも村山は、言い続ける。


 僕には、時間がないんです。


まるで命のタイムリミットを知っているかのように。

砂時計の砂は、少しずつ減り始めていた。






将棋指し。BOSTON。宇宙。5/村山聖


「なんて、強いんだ。」


14時間を超える対局の果てに、投了。
村山聖は負けた。
相手は、羽生善治。


かつて村山が、広島の病院で将棋に夢中だったころ、
羽生もまた東京で、将棋の本を手放さない少年だった。


境遇はよく似ていたけど、
そんなことは、もちろんふたりとも知らない。


 食事に行きませんか?

ある日、村山は、羽生にそっと声をかける。
まるで憧れの女性を誘うみたいに。


通算の対戦成績は、村山の6勝7敗。
その続きを、もう見ることはできない。






将棋指し。BOSTON。宇宙。6/村山聖


勝負の世界には、神様が現れやすい。
勝利の女神、しかり。
神懸かり、しかり。


村山聖は、26歳で八段まで昇りつめた。
名人まで、もう少し。
将棋の神様は、村山に微笑んでいた。
なにかと幸運に恵まれた昇級に、ぽつりと感想を述べる。



 神様のすることは、僕には予想のできないことだらけだ。


その後、こんな質問を受ける。
「もし神様がひとつだけ願いを叶えてくれるとしたら、何を望みますか?」


村山は答えた。


 神様除去。


彼を翻弄するのは、神様だけだった。






将棋指し。BOSTON。宇宙。7/村山聖


村山聖は、旅立った。
平成10年の今日、8月8日。
29歳の若さで。


将棋界の最高峰、A級に属し
名人まで手が届くところにいたのに。


亡くなる少し前、将棋年鑑のアンケートに、こう寄せている。

今年の目標は?


 土に還る。


行ってみたい場所は?


 宇宙以前。


「More Than A Feeling 〜宇宙の彼方へ」。
彼がこの曲を愛した理由が、少しだけわかった。


将棋盤に刻まれた81枡。
その向こうには、宇宙があるんだ。きっと。




タグ:

«    »

topへ

コメント / トラックバック 1 件

  1. keity より:

    年鑑のアンケートの答えの部分を読んで、何か違和感を感じました。わたしもうろ覚えだったので、調べたところ…、納得しました。ちょっと訂正させて頂きますと、村山さんは「好きな言葉」に対して、「土に還る」と答えていらっしゃいます。

    そして、「今年の目標」は…「生きる」です。

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login