五島のはなし(35)

ぼくの実家から歩いて2分くらいのところに、
「明人堂」があります。
かつて、明の国から五島にやってきて貿易なんかを
活発に行っていた「王直」という人がまつられています。

有吉佐和子は、その著書の中で五島にふれ、
種子島に鉄砲が伝わる以前に、すでに日本に鉄砲が入ってきてたんじゃないか、
それにこの王直が一枚かんでたんじゃないか、
その証拠に、王直は鉄砲に使う火薬を交易の品として運んでいた、
さらに種子島に鉄砲が伝わったとき、この王直の名前が出てくる
という説を述べています。

「鉄砲伝来、実は五島が先だった」ら。
もっと五島はメジャーだったのに!日本史の教科書でみんな必ず覚えるのに!
宇宙センターだって五島にできてたかもしれないのに!

ちなみにその王直さんのことを父に聞いたら(父は市役所で働いていた)、
「王直さんは中国の〇〇省出身で、わざわざそこに姉妹都市を結びに行ったよ~」
なんて言ってました。
先方では「へ~、そんな人いたんだあ、じゃあ、姉妹都市になりましょう!」
と歓待してくれたそうです。

明人堂

明人堂

タグ:

«    »

topへ

コメント / トラックバック 3 件

  1. 厚焼玉子 より:

    密貿易のボスですね。

  2. 中村直史 より:

    そうです。最終的には
    海賊的な活動ととらえられ
    悪者扱いされたとか。

  3. 厚焼玉子 より:

    倭冦は日本人による侵略と思われていたらしいですし
    私も学校では日本人による海賊行為と習いましたが
    内実は大陸人(中国や朝鮮の人たち)が多かったみたいです。

コメントをどうぞ

CAPTCHA