佐藤延夫 12年10月6日放送

masaaki miyara
ショートショートの神様3

ショートショートの神様、星新一は、
言葉に対して、独特のポリシーを持っていた。

ことわざのような常套句や駄洒落を嫌う。
固有名詞や流行言葉、時事用語を避ける。
登場人物は、エヌ氏、エフ氏など架空の名称にする。
名前らしいものにすると、読者によってイメージが変わってしまうからだ。

もうひとつ大切なもの。
それは、彼が繰り返し語っていた言葉に現れている。

  健全な常識があってこそ、
  常識の枠を取り外した意表を突くアイデアが生まれる。


ただの変人では、数々の名作は生まれないのかもしれない。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA