蛭田瑞穂 13年1月19日放送


未来をつくる日本人②鳴川肇

建築家、鳴川肇。

彼が考案した新しい世界地図「オーサグラフ」は
「21世紀の世界地図」ともいわれる。

現在多く使われるメルカトル図法の地図は
すべての大陸を長方形の中に納めることができるが、
南北の端の陸地ほど大きく引き伸ばされるという欠点がある。

鳴川のオーサグラフは海と大陸をシームレスに表記しながら、
南北の歪みを解消することに成功した。

地球儀と同じようにオーサグラフには上下左右がない。
地球上のどの地点も中心になることができる。

鳴川は語る。

 日本発の地図を通じて、世界中の人たちに
 それぞれの世界観を持ってもらえたらすてきですね。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login