蛭田瑞穂 13年1月19日放送


未来をつくる日本人③稲垣正司

バトントワラー、稲垣正司。

昨年終了したシルク・ドゥ・ソレイユの東京公演『ZED』に
バトントワラーとして出演していた、ただ一人の日本人。

6歳でバトンを始め、世界選手権を11連覇するなど、
バトンの世界の頂点を極めた後、シルク・ドゥ・ソレイユに入団した。

世界中から集まったパフォーマーたちとの共演で
いかにしてオーラを放ち、観客の目を惹きつけられるか。
稲垣のバトンは競技から芸術へと変わり、
彼自身もアスリートからダンサーへ生まれ変わった。

東京公演の終了とともにシルクを退団した稲垣。
次は指導者として世界一を目指すという。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login