熊埜御堂由香 13年1月20日放送


夢のはなし 漂う石牟礼道子

著書、苦海浄土(くかいじょうど)で知られ、
水俣に住み、水俣病と向き合ってきた作家、
石牟礼道子(いしむれ みちこ)。

故郷への真摯な愛から、
土着派とも呼ばれた石牟礼は、
意外にもこう言う。

水俣にこだわり続けるほどにそこから
ふわりと浮きあがり、漂う民になったように
感じる、と。
そしてこんな夢を見るのだ。

 毎夜、ねむり入るときまぼろしに誘われ、わたしは
 インカやトルキスタンのとある時代の
 砂漠の井戸を汲んでいる想いがする。


夢の世界でも、
石牟礼の意識は漂流しながら、
帰る場所を探している。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login