名雪祐平 13年1月27日放送

Patrick Feller
大島渚がいた 4

 俺たちは完璧に死刑場を調べ、
 本物そっくりの死刑場を建て、

映画『絞死刑』の予告編。

大島渚は、
首つりのロープの輪に自分の首をはめ、
苦しそうに、しかし、必死に訴えた。

 国家がある限り、
 俺たちは何をするのも許される。
 
 つねに国家に罪があり、
 俺たちには罪がない。

 国家こそ有罪で、
 俺たちは無罪なんだ。

大島は、
国家はなぜ死刑や戦争で合法的に
人を殺すことができるか
という命題を観客に突きつけた。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login