名雪祐平 13年1月27日放送


大島渚がいた 5

愛する男、吉蔵の首を腰紐で絞め、
性器を切り取った女、阿部定。

この阿部定事件をモチーフに、
大島渚は傑作『愛のコリーダ』を
完成させた。

男と女のエロスが極限となり、死にいたる。

その本質をどう描くか。
大島は日本初のハードコア・ポルノの表現をとった。

美しい映像と人間の精神世界が見事に描写され、
国際的な高い評価を得たが、
日本では膨大な修正を経て、1976年に公開。

目をつけた警視庁は、
映画の脚本と写真が掲載された単行本を押収。
東京地検はわいせつ文書として大島を起訴した。

大島は、裁判でこう喝破した。

 「わいせつ、なぜ悪い」と問いたい。
 わいせつは検察官の心の中にだけしかない。

そして、無罪判決を受け、言った。

 有罪のほうがよかった。
 憲法判断を避けた肩すかし判決だ。

映画『愛のコリーダ』が
ほぼ完全ノーカット版で日本で公開されたのは
2000年のこと。

大島の思想に遅れること、24年。やっと。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login