中村直史 13年10月19日放送


おいしい料理をつくるひと

料理人は、料理のおいしさで、腕前をアピールする。

けれど、そのシェフにとって、
料理のおいしさでアピールしたいのは
その食材を生んだ土地や人。

上柿元勝(かみかきもと まさる)。
日本のフランス料理界を牽引してきたグラン・シェフ。

彼の料理から伝わるのは、食材のすばらしさ。
その食材を生みだした土地と人間のすばらしさ。
言ってみれば、この世界のすばらしさ、である。

そんな上柿本の口癖は、

 素材に感謝、自然に感謝、生産者に感謝、
 食材業者に感謝、お客様に感謝、スタッフに感謝。


世界に感謝して、料理は生まれる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA