大友美有紀 14年8月3日放送

140803-06
「フリーダ」トーベ・ヤンソン

ムーミンを「もう書けない」と言ったトーベ・ヤンソンは、
けして筆をおいたわけではない。
その後も執筆を続けていた。
彼女が描く物語には、独特な人物が登場する。
たとえば、「事前警告」という短編のフリーダ。
あらゆる事件が自分のせいだという強迫観念に
取りつかれている。
あるとき彼女は、
公道を拓くための爆破でとんできた
花崗岩に頭を直撃される。
包帯でぐるぐる巻きになったフリーダ。
 
  何にも気に病まずにいるなんて
  わたしにゃ生まれて初めてなんだよ。
  最高にいい気分だね。

大きな不幸に出会って、安心する。
心配性のフィヨリンカのようだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login