Vision > 2014 > 8月 > 10

2014 年 8 月 10 日 のアーカイブ

薄景子 14年8月10日放送

140810-01 Billy Wilson Photography
1.香りのはなし グレース・ハンセン

アメリカの作家、グレース・ハンセンの言葉に
こんな名言がある。

 結婚式もお葬式も同じようなものです。
 違うのは、もらったお花の香りを自分でかげることくらいよ。


人生の二大セレモニーを
ここまで言いあてた言葉があるだろうか。

ウエディングブーケの香りは、新郎新婦の甘い記憶に、
故人が味わえなかった花の香りは、人々の胸に刻まれる。

香り。それは、五感の中でいちばん
記憶の中で生き続けるものかもしれない。


topへ

薄景子 14年8月10日放送

140810-02
2.香りのはなし ガブリエル・シャネル

世界中の女性たちを魅了するブランド、CHANEL。
その創設者、ココ・シャネルの生い立ちは
決して裕福なものではなかった。

幼少期は孤児院で過ごし、
退屈な制服や慣習に反抗しながら育ったという。
その強靭な精神は大人になっても変わらず、
時代に先駆けて女性デザイナーとして不動の地位を確立する。

その成功の理由は、
彼女の芯の強さと男運の強さだったと言われる。
数々のセレブリティと浮名を流した
ココ・シャネルはこんな言葉をのこしている。

「香水は、貴女がキスしてほしいところにつけなさい」

「CHANEL N°5」
その香りは、恋愛から女性たちを輝かせ続けてきた、
シャネルという生き方の証。





topへ

小野麻利江 14年8月10日放送

140810-03 Alessandro Baffa
3.香りのはなし 調香師が嗅ぐ香り

飛び抜けた嗅覚を駆使して香料を調合し
あたらしい香りを創り出していく職業、
「調香師」(ちょうこうし)。

彼らの嗅覚は、生まれつきそなわった能力ではなく、
プロとしての長年の経験の末に獲得されたものだ、
とする研究結果が、
脳医学会誌「Human Brain Mapping」に
掲載されたことがある。

経験の浅い調香師とベテラン調香師を
2つにグループ分けし、
数百から、数千もの匂いをかぎ分けさせたところ、

ベテラン調香師ほど、より速く正確に
答えにたどりついたという。

研究チームの1人、
神経科学者のジャン・ピエール・ロワイエは、
次のように説明する。

ピアニストが音階の練習を重ねて
上達していくように、
『鼻利き』になるためにも
トレーニングが必要だ。


topへ

小野麻利江 14年8月10日放送

140810-04 bastus917
4.香りのはなし マーク・トゥエインとスミレの花

香水を選ぶ。つける。
自分のために選ばれがちな
その「香り」が、
誰かの鼻を愉しませることだって、しばしばある。

しかし、アメリカの作家・
マーク・トゥエインの次のような言葉ほど、
利他精神に満ちたものも、そうそうないだろう。

 許しとは、踏みにじられたスミレの花が
 自分を踏みにじったかかとに放つ芳香



topへ

熊埜御堂由香 14年8月10日放送

140810-05 mumchancegaloot  
5.香りのはなし ある調香師の仕事論

世界的に有名な調香師、
ジャン=クロード・エレナ氏は、自らの仕事を
こう定義している。

 調香師とは、香りの文筆家のようなものだ。
 そして、香水とは、匂いの書いた物語だ。


彼の代表作として知られる、エルメスの庭シリーズ。
『ナイルの庭』『地中海の庭』『屋根の上の庭』。
まさに小説のタイトルになりそうな名をもつ。

彼の調香スタイルは、愛用のモレスキンの手帳を携え、
南仏のグラースに構えたラボラトリーから、旅に出ること。

『地中海の庭』の調香をはじめた時のことだ。
チュニジアにある友人の家でパーティをしていると、
庭にでて、微笑みながら、いちじくの葉をちぎって、
香りをたしかめている女性を見かけた。
その瞬間、香りのイメージが、浮かんだ。
急いで、ラボラトリーに戻り、香りを組み立てていった。

こうした瞬間が重なって、
エルメスの香水の売上を三倍に跳ね上げたとまで
いわれる香水群は世に生まれた。

彼は自分の仕事について、こうも語っている。

 もらった自由は、仕事の成功でしか、返せない。


topへ

熊埜御堂由香 14年8月10日放送

140810-06
6香りのはなし グルヌイユの恋

46カ国語に翻訳された小説、
パトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』。
愛する女性の香りを永久に保存するため殺人を犯す
孤独な男の物語だ。
異常に鋭い嗅覚をもつ主人公、
グルヌイユは、苦悩し、こう独白する。

 見たくないなら目をふさげばいい、
 聞きたくないなら耳をふさげばいい、
 しかし鼻はそうはいかない、
 それは呼吸に関わっているからだ。


香りとは、ときに、ひとを、
抗いようのない、
甘美で悲しい恋に誘う。


topへ

茂木彩海 14年8月10日放送

140810-07
7.香りのはなし 女の香り

フランスの作家、レミ・ド・グールモン。
彼は「髪の毛」という詩で、女性の香りをこう例えている。

 君は干し草の匂い、
 けものが身を置いたあとの石の匂いがする。


自分の中から自然と沸き立つ香りに、女性の魅力は隠れている。


topへ

茂木彩海 14年8月10日放送

140810-08 idarknight
8.香りのはなし 未来の香り

香りは、過去の記憶だけを呼び覚ますわけではない。

そんな気づきを、作家、重松清は
短編「コーヒーもう一杯」の中でこう表現した。

彼女と飲むコーヒーの香りをむしょうに懐かしく感じている彼に、
彼女は語る。

 あなたはいま、

 未来の懐かしさを予感してるの。

 だから、

 なにも思いだせないのに懐かしいの。



未来で出会う記憶が、よりよいものになるように。
いまはただ、素敵な香りと出会いたい。


topへ


login