2015 年 1 月 18 日 のアーカイブ

中村直史 15年1月18日放送

150118-01 japanesefilmarchive
はじまりの言葉/増村保造(ますむら やすぞう)

フェリーニやヴィスコンティに学び、
斬新な演出で戦後の日本映画に
新風をふきこんだ映画監督、増村保造。

日本的な情緒や雰囲気を嫌い
個人が発する「自我」を強烈に描きつづけた。

登場人物が強烈なら、演出方法も強烈。

死へと疾走する遊郭の女性を描いた「曾根崎心中」。
ヒロインの恋人役を演じた宇崎竜童に対する
撮影開始の合図は

「よーい、強く喘いで死ぬ気で、スタート!」

だったという。


topへ

中村直史 15年1月18日放送

150118-02 serakatie
はじまりの言葉/リチャード・バック

何十年も生きてきて、
毎年、年の初めには、抱負のようなものも考える。

けれど、わからないのである。
一年一年、抱負が自分を成長させたのか。

むしろ、抱負負けして、
毎年どんどんダメになっているのではないか。

それでも、と「かもめのジョナサン」の作者
リチャード・バックは言います。

 やっぱり自分の歌をうたい続けることだと思うね。
 思いわずらい、駆けずり回りながらでも
 自分の歌だけはうたい続けるわけだ。


2015年、
あなたの歌を大きな音で聴きたいです。


topへ

三島邦彦 15年1月18日放送

150118-03 santiagodn
はじまりの言葉 安田登(やすだのぼる)

新しい年のはじまりとともに、
何かを決意する人は多い。
しかし、そうした思いのほとんどは、
日常に押し流され、
どこか遠くへ消えていく。

能楽師、世阿弥が語った
「初心、忘るべからず」という言葉。
その意味について、
古代文字の研究者でもある能楽師、安田登はこう語る。

 初心の「初」の字は「衣」と「刀」です。
 着物をつくるときに、
 布地に最初にはさみを入れること、それが「初」です。
 着物をつくるときには、それがどんなに美しい生地であっても、
 そこにはさみを入れなければつくれない。


世阿弥が語った、初心。
その言葉にはもともと、
自らの過去に切れ目を入れ、変化を起こす強い心や、
過去と決別する、変化への切実な思いがこめられていた。

さあ、あらためて、
今年の初心はいかがですか。



topへ

三島邦彦 15年1月18日放送

150118-04
はじまりの言葉 川上哲治

選手時代は「打撃の神様」と呼ばれ、
監督時代は9年連続日本一。
野球界に伝わる、
「名選手名監督にあらず」という言葉を覆した男、川上哲治。

その川上が引退後、野球解説者として初めて放送席に現れた。
偉大な人物を前に緊張するアナウンサーに向かって、
川上はこう言った。

 放送に関しては、僕が素人で君が先輩だから、
 びしびし指導してください。
 日本一の解説者になるつもりだから、どうぞよろしく。


その時、川上さんが選手としても監督としても
一流になった理由がわかった気がする、
と、アナウンサーは後に語った。


topへ

三島邦彦 15年1月18日放送

150118-05
はじまりの言葉 ヘンリー・フィールディング

イギリス小説の父、
ヘンリー・フィールディング。
彼の作品の一つは、こんな書き出しではじまる。

 作家は自分を、内輪の、もしくは慈善のもてなしを行う紳士としてではなく、
 金さえ出せば誰でも歓迎される公的な食堂の経営者と見なすべきである。


読者を選ばないサービス精神。
イギリス小説の歴史は、
その決意からはじまった。



topへ

三國菜恵 15年1月18日放送

150118-06 ネコ温泉
はじまりの言葉 宮崎駿

学校が始まった。会社が始まった。
ああ、面倒くさい。
そう思っているあなたへ。巨匠・宮崎駿のこんな言葉を。

 大事なことは、たいてい面倒くさい

お金を稼ぐことも、知恵を学ぶことも、人間には必要。
また来週も、がんばりましょうか。


topへ

中村直史 15年1月18日放送

150118-07
はじまりの言葉 西健一郎

料理人・西健一郎。
京都出身の彼が、上京して店を出すと言ったとき、
世話になっていた裏千家の家元が
名付け親になってくれた。

店の名前は、『京味』。
もう京都に戻らないでいいようにと、
東京で京都の看板を背負った店になるようにと授けた。

独立した日。故郷と別れた日。
西の店は、きょうも東京で繁盛している。


topへ

三國菜恵 15年1月18日放送

150118-08
はじまりの言葉 中原中也

詩人・中原中也。
19歳のときに経験した、ある喪失。

長年連れ添った彼女が、
自分の親友と関係を持っていたことがわかった。
中原は後ろ姿を見送り、ひとりで部屋へと戻ってくる。

 みなさん今夜は静かです
 薬鑵の音がしています


この日彼は恋人を失い、
はじめての孤独を手に入れた。
それは詩人にとって絶対的に必要なものだった。



topへ


login