佐藤延夫 15年6月6日放送

150606-01
音楽家の妻 ハイドン

オーストリアの作曲家、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン。
彼が愛したテレーゼは美人と評判だったが、
なぜか修道院に入ってしまう。
その後、テレーゼの父親から姉のマリアをあてがわれ、ふたりは結婚した。
ハイドンより3つ年上のマリアは、
怒りっぽく、嫉妬深く、浪費家で、愛嬌さえもなかった。
さらには新曲の譜面を包み紙代わりに使っていたという。
40年後、マリアがこの世を去ったあと、
ハイドンは嬉々として多くの曲を書いた。
その中には「自由の男」「むなしい幸せ」、
そして「悪妻」というタイトルまであったそうだ。
音楽家の才能を開花させるなら、悪い妻がいいのかもしれない。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA