新井奈生 15年6月13日放送

150613-04
「破壊できない愛」

スモーキー・ロビンソンの妻、
クローディアは、彼のコーラスメンバーだった。

連日の過酷なスケジュールの中で、
彼女は妊娠していた。
ステージを中止にしたくない。
その一心で、彼女は出血をひと月以上も隠し続けた。
結果は流産。
しかも、6度目だった。

もう、子どもは産めないかもしれない。
うちひしがれる妻のために、スモーキーは歌を書いた。

“年齢や時間が破壊できないほど、君に愛と喜びを注ぐ”

たとえこの先、子どもができなくても、愛する気持ちはゆるがない。
ラブソングにはふさわしくない、“破壊”という歌詞に、
スモーキーは必死の想いを込めた。

曲名は、“More Love”。
後に、彼を代表するラブソングになる。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login