飯國なつき 15年8月2日放送

150802-07 Nyon-Nyon
夏を感じる⑦ 「さとうきび畑」

毎年、夏になると流れる歌がある。

 ざわわ ざわわ ざわわ
 広いさとうきび畑は
 ざわわ ざわわ ざわわ
 風が通り抜けるだけ


第二次世界大戦末期の沖縄戦で戦死した人々が眠る、夏のさとうきび畑。
父を失った少女は、通り抜ける風の音を聞きながら
静かに悲しみを訴える。

戦争を体験した世代にも、しなかった世代にも、
等しく悲しみを感じさせる「さとうきび畑」。
森山良子、ちあきなおみ、夏川りみといった往年の歌手から松浦亜弥まで、
幅広い年代の歌手に歌い継がれ続けている。

きっと、この夏も。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA