飯國なつき 15年8月2日放送

150802-08 Dakiny
夏を感じる⑧ 綾部和

2000年に発売された、
大ヒットシミュレーションゲーム
『ぼくのなつやすみ』。

せみの声、虫取り、川のせせらぎ…
ゲーム内の環境音は、すべて実際の現場で収録。
森での収録では、蝶の羽ばたく音すら聞こえる、無音の世界が広がったという。

開発者の綾部和は、ゲームのコンセプトについてこう語る。

 特定の夏休みではなく、
 いろいろな人が経験したであろう
 日本の平均的な夏休みを目指して作りました。
 ですが、『ぼくのなつやすみ』の場合、
 夏休みの後半になると、
 郷愁というか寂しい雰囲気が出てくるんですよね。


徹底的に再現された懐かしさと、ほんの少し、寂しさのスパイス。
100万人以上のおとなたちが、ゲームを通じて、
こども時代の夏休みにひたった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA