佐藤理人 16年7月9日放送

160709-02
ゴーストライターズ 「アーヴィング」

1859年のある夜。
コグスウェル博士はニューヨークの図書館で、
本を読むひとりの友人を見かけた。

アメリカ最古の幽霊小説、

 スリーピー・ホロウの伝説

の作者ワシントン・アーヴィング。

しかし彼はそこにいるはずがなかった。
数日前亡くなったばかりだったからだ。

コグスウェルが声をかけようとすると、
アーヴィングは本を戻して消えた。

生前、幽霊を信じていなかったアーヴィング。
死後に自分が幽霊となって現れたと聞いたら、
さぞ面白がったことだろう。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login