2016 年 7 月 23 日 のアーカイブ

伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-01
生涯、冒険家。(ウォルター・ローリー)

私にはシェークスピアに匹敵する分厚い本は書けない。
 しかし、私ならではの本を書くことはできる


ウォルター・ローリー。
その男は、貴族であり、政治家であり、詩人だった。
そして16世紀イギリスで、新世界への扉をひらく冒険家でもあった。

幾度となく大海原を旅したウォルターは言う。

情熱とは海だ。浅きものはつぶやき、深きものは黙す


topへ

伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-02 NOAA Photo Library
生涯、冒険家。(大場満郎)

いつ死んでも不思議じゃなかった

北極海単独徒歩横断。
大場満郎は、見果てぬ夢を追いかけた。

凍傷になり足の指をすべて失った。
凍った体で遺言を書いた。

3度の失敗を重ね、大場は学んだという。
畏れ、謙虚、感謝こそ、前人未到の旅を成し遂げるカギであると。

4度目の挑戦で北極海を制覇し、
その2年後には、南極大陸の単独徒歩横断を成功させた大場。

彼は言う。

冒険家が大胆なだけだったら、それは死に直結してしまいます


topへ

伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-03 Tasmanian Archive and Heritage Office
生涯、冒険家。(エドモンド・ヒラリー)

エドモンド・ヒラリー。
1953年に、世界で初めてエベレスト登頂を成し遂げた冒険家だ。

地球上で最も高い地点に立った男は、
特別なトレーニングをしていたわけではなかった。

本業としていた、養蜂業。
来る日も来る日も蜂の巣箱を運ぶ作業が、
強靭な足腰を育てたという。

積み重ねることの大切さを知るエドモンドは言う。

山はこれ以上大きくならないが、私たちはいくらでも成長できる


topへ

伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-04 Martin D Stitchener PiccAddo Photography
生涯、冒険家。(ジェームズ・スティーブ・フォセット)

男は、自分の力だけで世界一周を果たした。
気球で、船で、飛行機で。乗り物をかえ、
たった一人、地球を何度もぐるりと旅した。

男の名は、ジェームズ・スティーブ・フォセット。
金融サービス業で財をなし、その後の人生は冒険家として生きた。

87もの航空世界記録を持つジェームズは言う。
目標を高く設定して、そんなことは不可能だという周囲の言葉に惑わされるな

2007年、ジェームズは、
車のスピード記録に挑戦するための実験コースを探しに
小型機で飛び立ち、帰らぬ人となった。
その生涯は、冒険の中で幕を閉じた。


topへ

伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-05 Sergey Ashmarin
生涯、冒険家。(ラインホルト・メスナー)

僕は自分自身のために登る。僕自身が祖国となり、僕のハンカチが国旗となるからだ

8000メートルを越える山々、全14座を完全登頂した男。
ラインホルト・メスナー。

彼は決して、ボルトを山に打ち込まない。
酸素ボンベを持ち込まない。

ラインホルトは語る。

死の危険がなかったら、クライミングはもはやクライミングではない。
 山に登っているとき、僕は死を求めているのではなく、
 それとは正反対に、なんとか生きようとしている



topへ


login