伊藤健一郎 16年7月23日放送

160723-02 NOAA Photo Library
生涯、冒険家。(大場満郎)

いつ死んでも不思議じゃなかった

北極海単独徒歩横断。
大場満郎は、見果てぬ夢を追いかけた。

凍傷になり足の指をすべて失った。
凍った体で遺言を書いた。

3度の失敗を重ね、大場は学んだという。
畏れ、謙虚、感謝こそ、前人未到の旅を成し遂げるカギであると。

4度目の挑戦で北極海を制覇し、
その2年後には、南極大陸の単独徒歩横断を成功させた大場。

彼は言う。

冒険家が大胆なだけだったら、それは死に直結してしまいます


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA