石橋涼子 16年7月31日放送

160731-04
記録のはなし 前畑秀子

水泳選手の前畑秀子は幼いころから数々の記録を残し、
若干18歳でロサンゼルオリンピック日本代表に選ばれた。

結果は0.1秒差での銀メダル。金は逃したが、
自分が持つ日本記録を6秒も縮めた結果に、秀子は満足したという。

ところが、日本に戻った秀子を待っていたのは、
多くの人々からの「残念だ」という反応。
4年後のベルリンオリンピックに向けての重圧はすさまじく、
何度も何度も水泳を辞めようと考えたという。
それでも彼女を引き止めたのは、亡き母の教え
「やりかけたことは最後まで」の想いだった。

そんな前畑秀子が、五輪直前を振り返った時の言葉が残っている。

 優勝できなかったら、帰りの船から飛び込んで死ぬしかない。
 しかし自分は泳げる。
 さて、どうやって死ぬか。


何事も最後までやりとげる信念を持つ彼女は、
無事、ベルリンオリンピックで優勝し、
日本人女性初の金メダリストとなった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login