佐藤延夫 18年8月4日放送

180804-01G_o_o_f_y  
花火について 割物

打ち上げ花火の代表的な形を割物と呼び、
「菊」と「牡丹」の2種類に分けられる。

「菊」は、中心から外に向かって長く尾をひく。
一方「牡丹」は、開花したらすぐ、特定の色になっている。
それは、花火玉の中に「引き」という火薬の層があるかないかの違いだそうだ。

余韻の残る花火がいいか、潔くパッと消える花火か。
そんなことを考えながら眺める夜空も、いいものだ。

今日8月4日は、
全国で多くの花火大会が開催される。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login