三島邦彦 12年10月21日放送

Jonas Hansel
おいしいはなし / 荒木水都弘(あらき みつひろ)

日本一予約のとれない鮨屋、「銀座 あら輝」。
店主・荒木水都弘は、
孤高な芸術家のように鮨と向き合う。
そして語る。

 何かを成し遂げたいと思うならば、
 完璧に孤独にならなければいけないんじゃないでしょうか。
 やはり、ひとりで崖っぷちに立たなくては
 見えてこない世界ってあるんだと思います。

topへ

三國菜恵 12年10月21日放送


おいしいはなし / 狐野扶実子(この ふみこ)

その料理は「社交界のステータス」と呼ばれる
出張料理人、狐野扶実子。
彼女の最初の料理の先生は、
「じじ」と呼んでいた、祖父の弟にあたる人だった。

「じじ」はお酒のおつまみをよくつくった。
その過程が、幼い扶実子の目にはまるで魔法のように映っていたという。

たとえば、いかのおなかに手をつっこむと、
足と一緒にするすると内臓まで抜けて来る。
その足をざくざくと切り、塩をふりかけ、内臓とまぜ合わせると、
不思議な味わいの塩辛ができあがる。

彼女は語る。
そこには、どんな絵本にも描かれていない
一大スペクタクルがあったのだ、と。

topへ

三國菜恵 12年10月21日放送


おいしいはなし / 向田邦子

子どものころは外食がごちそうだった。
けれど、大人になってみると、
実家の母の味が恋しくなるもの。

作家・向田邦子もそうだった。
コマ切れ肉の入った、うどん粉で固めたような母のカレー。
「いままでで一番美味しかったもの」を思いだすときは
いつも、このカレーが浮かぶと言っていた。

けれど、向田は
大人になってから「あのときのカレー、つくって」と
母にねだるようなことはしなかった。
そこには、こんな思いがあった。

 思い出はあまりムキになって確かめないほうがいい。
 何十年もかかって、懐かしさと期待で大きくふくらませた風船を、
 自分の手でパチンと割ってしまうのは勿体ないのではないか。



topへ

三島邦彦 12年10月21日放送

Cult Gigolo
おいしいはなし / ループレヒト・シュミット

人生最後の食事には、何を食べたいですか。

ドイツのハンブルグにある「ロイヒトフォイヤー」というホスピス。
入居者たちが人生の最後の時を過ごすこの場所で、
料理長ループレヒト・シュミットは毎日、
その人にとって最後になるかもしれない料理を作っている。

入居者たちからは、記憶の中にあるおいしかったものを頼まれる事が多い。
若い入居者からハンバーガーとフライドポテトを頼まれることもあれば、
「思い出のスープを。」というリクエストも。
本人や家族からその味について詳しく話を聞き、
「この味じゃない」と言われては、何度も試行錯誤を繰り返す。

 その料理が複雑でも簡単でも、何度文句を言われようと、
 うまく作れるまでとにかくやるんですよ。
 後悔するのは全力を尽くせなかったときだけです。


「料理よりも人間としての修業になるといいかな。」そう言って、
ループレヒトは今日も厨房へと向かう。

topへ

中村直史 12年10月21日放送

slightly everything
おいしいはなし / 本道佳子(ほんどう よしこ)

愛のある食事は、人をやさしい気持ちにする。
愛のある食卓は、人と人、家と隣の家、
国と国の境界線さえ飛びこえて、
いのちといのちを結ぶことができる。
ほんとにそう信じている。

「国境なき料理団」代表、本道佳子。

細胞の一つ一つに
愛の灯火が届きますようにと
今日も笑いながら料理をつくっている。

topへ

中村直史 12年10月21日放送


おいしいはなし / 本谷口博之(たにぐち ひろゆき)

作家開高健。晩年、世界の秘境を釣り歩き、
すばらしいルポルタージュをいくつも残した。

その旅につきそい、開高健が釣りあげる珍魚・怪魚、
さらには野豚、野ネズミ、ヘビ、イグアナまで
あふれるアイディアでおいしい料理に変えつづけた男がいる。
谷口博之。
料理学校の教師でもあったため、開高からは教授と呼ばれた。

あるとき、一行はアラスカ、キーナイ半島の先端にある
サディコーブという入り江にやってきた。
開高が歴史が始まる前のようだと評した海。
アブラメ、イワナ、オヒョウ、カジカ、カレイ、イサキ、メバル、
カニ、エビ、ムール貝、トコブシ。
魚貝類がひしめいていた。

その海辺で、谷口はブイヤベースをつくる。
このアラスカの、この入り江でしかつくることができない
きっと世界一素朴で、世界一豪華なブイヤベース。
一口食べた瞬間、アラスカの海に開高の声がひびく。

「うまい!」

「こっちにきていっしょに食べよう」と言われた谷口は、
それができずに、ただ開高らの食べっぷりを眺めた。
自分がつくった料理にのめりこむ姿に、胸がつまって動けなくなってしまった。
料理人のよろこびは、おいしいと喜んでもらうこと。
開高健との旅は、そんな当たり前のことも強烈に教えてくれた。

topへ

三島邦彦 12年10月21日放送

suga*memo
おいしいはなし / 平松洋子(ひらまつ ようこ)

エッセイストの平松洋子は、
日常に発見をもたらす天才だ。

かまぼこは手でちぎる。
盛り付けにガラスのコップを使ってみる。
たくあんの切り方を変える。
豆腐にオリーブオイルをかける。

彼女の言葉を信じてみれば、食卓は今までと違う姿を見せる。
一手間、一工夫が、ふつうの毎日をちょっと新鮮にしてくれる。
彼女は言う。

 ふつうがおいしければ、それでじゅうぶんだ。
 なんの力みも入っていなくて「ここ一番!」の特別感なんか全然なくて、
 でもおなかの底から「ああ、おいしかった楽しかった」。
 そう思えればいうことなし。

topへ

三國菜恵 12年10月21日放送


おいしいはなし / 祥見知生(しょうけん ともお)

鎌倉にひっそりとたたずむ
器のギャラリー「うつわ祥見(しょうけん)」。
その店主の、祥見知生は、
数ある器の中でも、めし茶碗のことをこよなく愛している。

 器とはせつないものである。
 食べる道具として、生きることを支えている。
 ごくありふれた人の生涯と同じように気高く、そして美しい。

topへ

大友美有紀 12年10月20日放送

かずっち
小川三夫「不器用な言葉」

京都や奈良に修学旅行に行って、
歴史を好きになる、
仏像を好きなになる人はいるだろう。
けれども、宮大工を志す人は少ない。

銀行員の次男に生まれた小川三夫は、
法隆寺を見て、宮大工になろうと思った。
法隆寺棟梁の西岡に入門を頼むが断られる。
当時18歳だったが年を取り過ぎていると言うのだ。
そこで、道具の使い方を覚えるために
仏壇造りの修行に入る。

 弟子だからって教えるんじゃないよ。
 教えるというという親切さ、そういうものはないな。
 昔の弟子を育てる徒弟制度はそういうものやったんやろ。



topへ

大友美有紀 12年10月20日放送

poco
小川三夫「不器用な言葉」2

宮大工・小川三夫は、まず仏壇造りの修行から始めた。
親方の家に住み込み、家事を手伝い、赤ん坊の世話もする。
給料ではなく、1日100円をもらっていた。
仕事はできない、金はない、まわりとの環境が全く違う。
気持ちがすっかりひねくれていた。
帰省した時に母親が自分にだけ出してくれた
鳥もも肉を皿ごと投げ返した。

 おかげで自分と言うものを見たわな。
 しかし、後になればひねくれるというのも
 いいことだと思うんだ。
 やはり人間が強くなるもとだよ。
 ただ、ひねくれっぱなしは、嫌われる。
 自分自身でなおさなくちゃあかん。

topへ