蛭田瑞穂 12年10月13日放送


食べる作家④江戸川乱歩

江戸川乱歩が酒を飲むようになったのは、
50を過ぎてから。
当然、あまり強くはなかった。

日本酒を一合飲むと赤ら顔になった。
二合飲むと動悸が激しくなった。
三合飲むと心臓が苦しくなった。

詩人の堀口大學の家で日本酒をふるまわれ、
酔ってそのまま床に寝てしまったこともある。

そんな乱歩もビールは好んで飲んだ。

 喉のかわいたときのビールは、むろんよろしい。
 ビールでは、わたしには、つまみものよりも
 薄く切った脂の多いトンカツに生キャベツが適薬である。
 風呂から上ってこれをやるのは格別。

エッセイの中で乱歩はそう記している。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA