蛭田瑞穂 12年10月13日放送


食べる作家⑤幸田露伴

幸田露伴の文章に「供給会社」というものがある。

内容は、朝昼晩三度の炊事は面倒で
労働力の損失になる、
そこで、安い食事を供給する会社ができれば
非常に便利である、というもの。

そして露伴はこう続ける。

 清潔で迅速で上品で、少しの虚飾もなく、
 単に食事を要領よく出す。
 こういう店をたくさんつくればいい。
 大金を投じ、供給会社を各都市に設ければ、
 個人にとっても都市にとっても甚だ有益であろう。

露伴の言う供給会社こそ現代における
ファミリーレストランやファストフード店。

露伴がこの文章を発表したのは明治45年。
その先見の明に驚く。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA