大友美有紀 12年10月20日放送


小川三夫「不器用な言葉」3

1年ほど仏壇造りの修行をした小川三夫は、
ようやく法隆寺棟梁の西岡に弟子入りする。
ここでも言葉でストレートには教えない。
あるとき小川は西岡の息子に誘われて浄瑠璃寺を見に行く。
帰ってくると棟梁はそんな建物を見に行く必要はない、
という顔をしている。口には出さないけれど怒っている。

 その時の俺は未熟だったから棟梁の真意がわからなかった。
 今になってみると見る目がないのに
 見に行ったってしょうがないという怒りだったとわかる。
 見る目がない時にものを見に行くと、
 人の言葉を借りて見るだけだな。
 本やなんかに書いてあることを評論家みたいに言うだけだ。
 思ってもないのにな。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA