大友美有紀 12年10月20日放送


小川三夫「不器用な言葉」4

宮大工・小川三夫は、仏壇造りの修行を経て、
法隆寺棟梁・西岡の内弟子になり、一人前の宮大工に成長する。
そして独立。鵤工舎(いかるがこうしゃ)を設立。
弟子を育成しながら社寺建築を続ける。
十年という年月を修行の目安にしているという。
修行中は、食事も一緒、仕事も一緒、
寝るのも刃物研ぎも、みんな一緒だ。

 一緒に暮らして、一緒に飯を食ってるから、
 言葉で言わんでもあいつが何を考えているかがわかるんや。
 おたがいを見て、こいつはこういうふうなやつだと、
 気づいていかなければいけないんだ。
 そうしていれば、今日あいつはちょっと調子悪いとか、
 おたがいをいたわる気持ちもちょっとずつ出てくる。


子どもに個室をつくるから、みんなだめになってしまうと小川は言う。
日ごろなんでもない時にふれあっていること、それが一番の
いい教育だと。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login