大友美有紀 12年10月20日放送

緋佳
小川三夫「不器用な言葉」5

宮大工の仕事は何世紀も越えて続いていく。
だから見えないところまで気を配って丁寧にやる。
同時代の人には見えないけれど、
200年後、300年後解体した時に、その時代の大工たちが
ああ、こういう丁寧な仕事したんだなと
そのときわかってくれればいいという。

 そういうところはだれも見ていないよ。
 目に見えないところだからかまわん、
 そうなってしまうわけだな。
 それではいかんのや。
 たとえば、草むしりでも
 いまの世の中では見えるところだけをやる。
 そういう草むしりをしろといっているように思う。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login