大友美有紀 12年10月20日放送


小川三夫「不器用な言葉」6

宮大工の仕事には、寸法通りにきちっと仕上げただけでは
だめなことがある。
たとえば柱の真ん中に別の木を通すために穴をあける。
木というのは芯を通って穴を空けると、芯にむかってふくらむ。
スムーズに入れるために「ヌスム」と言う技がある。
木の性(しょう)を見ていくぶん余計に掘っておく。

 世の中にもこういうヌスミみたいなものが
 必要なのと違うだろうか。
 ぎくしゃくしないように、ちょっと無理が出ても
 納めるようなゆとり。


それは自分のほうが引いてもいいと言う余裕。
今は、相手にそれを求めるだけだと、宮大工・小川は言う。

タグ:

«    »

topへ

コメント / トラックバック 1 件

  1. 「ヌスミ:自分のほうが引いてもいいと言う余裕」それを読んで、そんな付き合い方って贅沢なことかもしれないとちょっと思った。 

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login