奥村広乃 13年5月12日放送


おおかみと母親

理想のお母さんを描く。

「おおかみこどもの雨と雪」の製作発表で
細田守監督は、そう語った。

彼が映画の中で描いた理想の母親は、
どんな辛い状況にあっても、
涙をぬぐい、笑顔をたやさない女性だった。
そして、夫と子どもたちが大好きだった。

これまで日本のアニメで、
母親が主人公になったものはほとんどない。

母親の映画を作ろうと思ったキッカケは、
友人夫婦に子どもが誕生し、
子どもたちを可愛がっている顔がたまらなく素敵で、
すばらしかったからだという。

子育ては、人生における
最大のエンタテインメント。

それが、映画というエンタテインメントで届けたかった
細田監督のメッセージなのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login