名雪祐平 13年5月26日放送


うさぎバブル 赤目の人々2

明治5年。
東京に空前の
うさぎバブルが発生した。

珍しい種類のうさぎは高額で売買された。
白い平凡なうさぎは毛に色をつけ、売られた。

人々は血眼だった。

田畑を売ってでも、うさぎを手に入れろ!
娘を売ってでも、うさぎだ!うさぎだ!
人なんか欺してでも・・・。

大きな社会問題になり、
つぎの年から
うさぎを飼うと重い税金がかけられるようになった。

『兎取締ノ議』

税金を払いたくない人々は
うさぎを殺して食べた。

その毛皮を服にして、ぬくぬくと寝た。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login