村山覚 14年5月25日放送

140525-03
カルマンのプロヴァンス的健康法

122歳まで生きたフランス人女性、ジャンヌ・カルマン。

「人類史上最も長生きした人物」として
ギネスブックに載っているだけではなく、
フィンセント・ファン・ゴッホと街の画材店で会ったことがある、
85歳からフェンシングを始めた、
100歳まで自転車に乗っていた、
114歳で映画に出演した、
など、話題に事欠かないアクティブな女性だった。

煙草も晩年まで吸っていたそうで、
禁煙をした理由は「介護してくれる人に
マッチを擦ってもらうのが申し訳ないから」。
なんともチャーミングな理由である。

長寿に憧れ、尊敬の念を抱く人々やマスコミは
彼女の食生活や習慣、つまりは“健康法”を真似しようとした。

ポートワインをよく飲んでいた
チョコレートが大好きだった
オリーブオイルを好み、肌にも塗っていた
毎日、日光浴をしていた
友達とよくおしゃべりをしていた

どれも真似できそうなことばかり。理にもかなっている。
でもカルマンさんは「ポリフェノール」や「骨粗鬆症」、
「アンチエイジング」なんて言葉は一切気にせずに、
毎日をただ陽気に暮らしていたのではないだろうか。

ある日、マスコミに「お肌がきれいですね」と言われた
カルマンさんはこう答えた。

 これまでにできた皺はひとつだけ。
 私は今でもその皺の上に座っているのよ


マダム、それって…おしりのことですか?


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login