2014 年 5 月 31 日 のアーカイブ

名雪祐平 14年5月31日放送

140531-01
薔薇よ、薔薇  サッフォー

そのひとは、
薔薇色の指で
恋の詩を書いたのでしょうか。

古代ギリシャ屈指の女性詩人、サッフォー。

 薔薇は花の女王
 その香りは恋の吐息


と綴った。

女性への狂おしいような恋の詩を
多く書いた。

女性同性愛者を
レズビアンという。

その由来は、
サッフォーがエーゲ海のレスボス島で
活動していたから。


最期は、失恋に苦しんだ末、
断崖から身を投げた。

そんな伝説が残されている。


topへ

名雪祐平 14年5月31日放送

140531-02
薔薇よ、薔薇  クレオパトラ

世界三大美女、クレオパトラ。

毎日、薔薇の風呂に入り、薔薇の香水を体中に塗った。

寝室には、薔薇の花びらを
膝の高さまで敷きつめた。

その香りの中に、
ローマの英雄たちを招き入れ、
自分の男にしていったという。

その一人、アントニウス。

ローマを裏切り、ローマとの戦争に敗れ、
自害する。

10日後、
クレオパトラも後を追う。
39歳の体を毒蛇コブラに噛ませた。

薔薇の香水職人に見守られながら。


topへ

名雪祐平 14年5月31日放送

140531-03
薔薇よ、薔薇  リルケ

 薔薇にはほとんど自分が
 支えきれないのだ
 その多くの花はみちあふれ
 内部の世界から
 外部へとあふれでている


詩人リルケの
薔薇への愛情は
とてつもなく深かった。

たとえ、薔薇によって
自分自身が殺されたとしても。

薔薇の棘に刺された傷がもとで
51歳で死去したリルケ。

その墓に刻まれた傑作。

 薔薇よ おお 純粋なる矛盾
 それだけ多くのまぶたの下に
 誰の眠りも宿さぬことの喜びよ



topへ

名雪祐平 14年5月31日放送

140531-04
薔薇よ、薔薇  ゲーテ

 童は見たり、野なかの薔薇

有名なドイツ歌曲『野ばら』の冒頭。
詩はゲーテによる。

実は物悲しい恋の歌。

この童は、大学生だったゲーテ自身。
薔薇は、恋人のフリーデリーケ。

二人が出会う歌の一番から打って変わり、
二番は鬼気迫る。

 童は言った
 おまえを折るよ

 野ばらは言った
 ならばあなたを刺します
 いつも私を思いだしてくれるように


そして三番。

 童は野ばらを折った
 野ばらは童を刺した

 薔薇よ、赤い薔薇よ 野なかの薔薇



topへ


login