2014 年 5 月 11 日 のアーカイブ

礒部建多 14年5月11日放送

140511-01 IsakFotografi
サッカーとジャズ

「サッカーはジャズである。」
元日本代表監督、岡田武史は、
サッカーの理想型をこう語る。

楽譜通りの演奏だけではなく、
瞬間での即興性がある。
それがジャズの醍醐味。
サッカーにも戦術があるが
最後に試合を動かすのは、選手のひらめきだ。
岡田は言う。

「最善は、そのときだけのことであって、
 少しでも局面が変われば、最善の選択もかわってきます」


なるほど、
だからこそサッカーは人を魅了し、
時に、芸術的とも評されるのだろう。


topへ

礒部建多 14年5月11日放送

140511-02
日本サッカーの父

日本サッカーの父と呼ばれた男、
デットマール・クラマー。

1964年、東京オリンピックの年。
彼は日本代表初の外国人コーチとして招かれた。
初歩的な練習を繰り返すクラマーに、選手たちは困惑した。
しかし日本はアルゼンチンを破り、ベスト8の快挙を成し遂げる。

クラマーの日本サッカーへの愛は、
自国ドイツをも超えていた。
日本を去った後、
1975年にバイエルン・ミュンヘンを率いて
UEFAチャンピオンズカップで優勝した時でさえ、
こんなコメントを残している。

 人生最高の瞬間は
 日本がメキシコ五輪で銅メダルを獲得したときです。
 私は、あれほど死力を尽くして戦った選手たちを見たことがない。


クラマーの最高の瞬間を、
今年の日本代表に超えてほしい。


topへ

澁江俊一 14年5月11日放送

140511-03 m-louis
シンボルの理由

日本サッカー協会の
シンボル八咫烏(やたがらす)。

熊野三山にまつわり、
古事記の時代からあがめられた伝説のカラス。
三本の足を持ち、勝利に導くといわれ
まさに日本サッカー協会にふさわしいシンボルだが
なぜ、八咫烏が選ばれたのだろう。

きっかけは、ひとりの男だった。
中村覚之助(なかむら かくのすけ)。
明治11年、熊野に生まれた覚之助は
学生時代にサッカーと出会い
日本初のサッカー指導書「アッソシェーションフットボール」を出版。
日本初のサッカーチームをつくり、
横浜でアメリカのチームと日本初の対外試合をした。
多くの観衆で盛り上がった試合は2対2の引分けだったという。

しかし日本サッカーの普及を見届けることなく
覚之助はわずか29歳で、この世を去る。

後の昭和6年、
覚之助の後輩で、日本サッカー協会の創設に尽力した
漢文学者、内野台嶺(うちの たいれい)が、
覚之助の故郷、熊野にちなんで八咫烏を
シンボルにしたと言われている。

ああ、伝説のカラスよ。
どうか日本を素晴らしい結果へと、
導いてください。



topへ

松岡康 14年5月11日放送

140511-04 The 2-Belo
岐阜のラモス

熱いプレーで愛されたラモス瑠偉は、
今年FC岐阜の監督になった。
常に最下位を争っていたチームだ。

2014年の開幕戦。FC岐阜は3-1で快勝する。
開幕戦勝利は実に4季ぶりだ。

しかし、ラモスは激怒した。

 なんで3-0から自分たちのサッカーをやらなかったのか。
 オレは許さん。せっかくこれだけサポーターが来てくれているのに。


勝っても負けても、死ぬ気でやる。
熱い男のまっすぐなコトバ。

岐阜の弱小チームは、
今年、確実に生まれ変わろうとしている。


topへ

澁江俊一 14年5月11日放送

140511-05 IsakFotografi
世界を育てたプレー

80年代に一斉を風靡し、
その素晴らしいプレーで世界中を魅了した、
日本人サッカー選手がいる。
ジダンも、デルピエロも、中田も、メッシも、
彼の存在に大きく影響を受けたと公言する。

その日本人の名は、大空 翼。
世界50カ国以上でTV放送された
マンガ「キャプテン翼」の主人公だ。

野球少年だった原作者、高橋陽一は、
当時マイナーだったサッカーをあえて選ぶ。
努力や根性じゃない、サッカーの楽しさを描こう。
それが高橋の狙いだった。

最初の3話、読者の反応は伸びなかった。
第4話、ストーリーをすべて描き直して
生み出した翼の大技がある。
「オーバーヘッドキック」。
読者アンケートは、大好評だった。

理屈じゃない。
スーパープレーにこそ、サッカーの楽しさがある。

大きな自信を、高橋はつかんだ。
翼とそのライバルたちは
「ツインシュート」「タイガーショット」「スカイラブハリケーン」など
人間離れした大技を、次々と繰り出していく。

子どもたちを夢中にしたその大技が、
世界のサッカーレベルを大きく上げてくれたのだ。


topへ

松岡康 14年5月11日放送

140511-06 tamakisono
夢への10年

「10年後にはキャプテンマークを付けて、
ワールドカップのピッチに立つ」
Jリーガー中澤佑二が、高校の卒業文集に書いた夢。

彼の夢を信じる者はいなかった。
サッカーデビューが遅い中澤は
常に下手だと言われ続けた。

高校卒業後、無名の彼を
どのクラブも受け入れはしなかった。
フリーターになった中澤は、
後輩たちと練習を続けた。

ある日、母校のサッカー部と
ヴェルディ川崎ユースとの練習試合に
20才の中澤は年齢を隠して出場。
関係者の目にとまり、ヴェルディの練習生となる。
その後も彼は、凄まじい練習を続けた。

そして文集に書いた通り、
2006年ワールドカップのピッチに中澤は立っていた。

あきらめなければ夢は叶う。
でも「あきらめない」とは、それくらい長い時間が必要なのだ。


topへ

奥村広乃 14年5月11日放送

140511-077 Doha Stadium Plus
リーダーの目標

本名アルトゥール・アントゥネス・コインブラ。
愛称は、ジーコ。
彼はこんなリーダー論を持っていた。

もっともたいせつなのは、チャレンジする気持ちだ。
とくに、これから組織を作り上げ、
部下を育てていかなければならないリーダーには、
なくてはならない素質だ。
大きな目標に向かっていこうとしないリーダーに、
誰がついていくだろうか。

高い目標を掲げ、
日本代表を数多くの勝利に導いたジーコ。
優れた監督には、学ぶことも多い。


topへ

奥村広乃 14年5月11日放送

140511-08 michibanban
約束 ホルヘ・カンポス

派手なユニフォーム。
小柄な体格に大きなグローブ。
瞬発力、ジャンプ力を武器にゴールを守った。
元メキシコ代表のゴールキーパー、
ホルヘ・カンポス。

彼がメキシコの少年少女たちに、
サッカーの特別授業を行ったときのこと。
授業の最後は、
カンボスのこんな言葉で締めくくられた。

さあ、これで僕のサッカー教室はおしまいだ。
最後にもうひとつだけ憶えておいてほしいことがある。
勝ったチームは、負けたチームにも幸あれ、と祈ること。
プロでもアマチュアでも、
これはキミたちがサッカーを続けていく限り、
絶対に忘れちゃいけない。約束だよ。

サッカーは一人ではできない。
自分のチームがいて、
相手のチームがいてはじめてゲームができる。
そのことに気がついた、
すべてのサッカー少年・少女たちが
身体だけではなく心も
たくましく育っていきますように。


topへ


login